ニュース

2009.11.26 サイボウズ

「サイボウズ スペシャル イベント」にて新ネットサービス発表
仕事でもプライベートでも使える 無料セカンドグループウェア「サイボウズLive」
チームワーク・オブ・ザ・イヤー2009 も同時開催

サイボウズ株式会社
ロジカルチームワーク委員会

091126.pdf(562KB)

サイボウズ株式会社 (本社:東京都文京区 代表取締役社長:青野 慶久 (戸籍名:西端 慶久) 以下サイボウズ) は、組織の発展には欠かせない「チームワーク」の認知向上と促進を目的とし、本日11月26日(木)にサイボウズユーザーに向け「サイボウズ スペシャル イベント」を実施いたしました。また同イベントにて、様々なグループのチームワークを醸成する新ネットサービス「サイボウズLive」のお披露目と、チームワーク・オブ・ザ・イヤー2009授賞式を行いました。

サイボウズでは、グループウェアを「利用者の皆さまのチームワークを向上させるツール」にすべく製造・販売を行っております。特に2009年に入ってからはクラウド/SaaS、モバイル/スマートフォン、業務グループウェア、大規模組織での運用、ネットサービス化など多様なシーンでの利用に向けた課題にチャレンジしながら新しい価値創造に向けて取り組んでいます。その取り組みのひとつが、今回ご紹介する、個人向けに開発したネットサービス「サイボウズLive」です。

◆セカンドグループウェア「サイボウズLive」
現在、チームワークが必要な場は、社内だけにとどまらず、協業先や地域の活動、共通の趣味を持つ者の集まりなど様々なグループごとに生まれています。つまり、グループ内のコミュニケーションを円滑にするグループウェアは、会社というグループだけに限らず、自身が所属する様々なグループ毎に必要です。そこで今回紹介するのが、そのような会社以外のセカンドグループでの利用に有用な「サイボウズLive」です。
現状、メールや電話での単発のやり取りで終わってしまっているコミュニケーションを、この「サイボウズLive」に一本化することで、自身を中心に派生する多岐に渡るグループの情報を一元管理できるのです。
例えば、製作会社や代理店と、広告デザインのやり取りや出稿スケジュール管理に。例えば、釣り仲間と、釣りに行く場所やスケジュール調整に。このように、会社というグループも、会社をまたがったグループも、家族というグループも、大切な友達のグループも、すべて同じように便利にコミュニケーションできるツールなのです。


◇「サイボウズLive」β版 画面

ホーム グループトップ
ホーム グループトップ


この「サイボウズLive」βは「サイボウズスペシャルイベント」にお越しいただいたお客様にお配りした約200のIDを含めると、1,000名強の方にご利用いただいております。ご利用いただいている方のご意見を反映させながら、来年春までには一般公開できるよう開発を進めております。そして、2010年度中に10万ユーザーの加入を目指します。


◆チームワーク・オブ・ザ・イヤー2009
昨年より、あらゆる組織にチームワークを根付かせることで、日本全体の活性化に一役買いたいと考え「ロジカルチームワーク委員会」を発足しました。さらに、11月26日を「いいチームの日(日本記念日協会認定)」とし、「チームワーク」の認知向上と促進を目的に「チームワーク・オブ・ザ・イヤー」を開催しております。今年も、この1年間でチームワークを積極的に活用してきたチームを、僭越ながら表彰しグランプリのお客様には自身の取り組みについて紹介していただきました。


◆チームワーク・オブ・ザ・イヤー2009受賞者

受賞者 表彰の背景
【最優秀賞】
株式会社ムーンスター
お客様相談室
同社は近年の社名変更と共に「ザ・フットコンフォート・カンパニー」という新たな理念を作り、社内への浸透を進めた。理念の共有が人気商品の企画・開発から、クレーム件数の大幅な減少まで、次々に業務改革を推し進めた点を評価いたしました。
TAC株式会社
情報システム部
今年7月16日に大日本印刷よりWセミナー(株式会社早稲田経営出版)の事業を譲り受けた同社。本稼動からわずか3ヶ月ほどでシステム統合を実現。TACとWセミナーの新たなチーム創造の際のポイントを評価いたしました。
株式会社ディー・エヌ・エー
情報システム部
今年導入されたグループウェアの活用を促進する情報システム部門。モチベーションを保つために掲げたのが「自らがBPIの実践者である」という意識。結果、メンバーそれぞれが自立し、自身が考えて行動することでチームワークを発揮した点を評価いたしました。

受賞者の取り組みの詳細はロジカルチームワーク委員会のWebサイトにてご紹介しております。
チームワーク・オブ・ザ・イヤー2009 : http://team-work.jp/


■ロジカルチームワーク委員会概要
チームワークの重要性の認知向上と促進を目的に組織化された団体です。前からある掛け声だけの一致団結のチームワークだけではなく、ロジカルに、組織もメンバーも成長できる本当のチームワークを作り上げる方法を提案しています。亜細亜大学 経営学部教授 横澤 利昌氏を委員長におき、サイボウズが主体となって運営しております。詳細については<http://team-work.jp/>をご覧ください。


■サイボウズ株式会社 <http://cybozu.co.jp/> 概要
サイボウズはソフトウェア会社として1997年に設立されました。「チームワーク」を追求したコンセプトに基づき、ビジネス用ソフトウェアを開発・販売しています。主力製品のウェブ型グループウェア「サイボウズ Office」と「サイボウズ ガルーン」は、現在2万8千社に導入され、 300万を超えるユーザーにご利用いただいています。2007年には国内グループウェア市場でシェア1位※となり、その後も3年連続でNo1を獲得しております。

※ノークリサーチ社「2009年版 中堅・中小企業のITアプリケーション利用実態と評価レポート」
グループウェア部門において


■マスコミ各社様からのお問い合わせ先
□サイボウズ株式会社 社長室 広報:村松・浅野 
 〒112-0004 東京都文京区後楽 1-4-14 後楽森ビル12階 
 TEL:03-6316-1160 / FAX:03-5805-9036 /MAIL:pr@cybozu.co.jp

※記載された商品名、各製品名は各社の登録商標または商標です。また、当社製品には他社の著作物が含まれていることがあります。個別の商標・著作物に関する注記については、こちらをご参照下さい。
http://cybozu.co.jp/company/copyright/other_companies_trademark.html


Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Reader(R)が必要です。
左のアイコンをクリックして、ダウンロードいただけます。