ニュース

2013.07.17 サイボウズ

リコーの複合機とサイボウズの業務アプリ構築クラウド「kintone」が連携
受信FAXをkintoneアプリに自動蓄積し、社外からの受信確認や案件管理が可能に

サイボウズ株式会社

130717.pdf(844KB)

サイボウズ株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:青野慶久)は、業務アプリ構築クラウド「kintone(キントーン)」とリコーの複合機を連携させた新たな業務改善支援サービス「kintone FAX業務効率化ソリューション for リコー」を2013年7月17日(水)より提供開始します。

■FAXの情報をクラウド上に蓄積し、いつでもどこでも内容と対応状況を確認可能に
業務改善支援サービス「kintone FAX業務効率化ソリューション for リコー」は、受信したFAXの情報をデータとしてクラウド上に蓄積し、外出先からの受信内容確認や対応状況を関係者で共有でき、対応漏れや対応忘れの防止を図る業務効率化サービスです。従来の複合機とデータベースを連携したサービスとは異なり、データの蓄積だけではなく、そのデータの加工、編集、グラフ化が可能です。
約300万社ある国内中小企業では、受注や問合せ受付などの業務をFAXで行なう企業が多数あります。今回の連携サービスにより、紙の紛失を始めとするFAX業務の課題を解決し、業務の効率化に貢献します。

▼「kintone FAX業務効率化ソリューション for リコー」イメージ

■ クラウドのメリットを生かし、コスト削減と各基幹システムとの連携も可能
月額制のクラウドサービスであるため、サーバーなどの専用の機械は不要、専用管理者を設ける必要はありません。また、必要な時に始め、不要になったら止めることが容易に出来ます。
データベースの管理項目の追加は自由に行なえるため、自社の業務に合わせた利用が可能です。
また、発注業務や基幹システムなどとの連携により入力作業負荷軽減、2重登録などの入力ミス削減などの業務効率化も可能です(※)。

自社業務に合わせたデータベースの加工が可能

■サービス利用料金
◇初期設定費用:1万円 (別途FAX機設定費用が掛かります)
◇kintone利用料:1ユーザー月額880円(最低5ユーザから)
※システム連携や個別カスタマイズについて別途費用が発生することもあります。

■リコージャパン株式会社様からのコメント
リコージャパン株式会社は、この度の『kintone FAX業務効率化ソリューション for リコー』の提供開始を心より歓迎いたします。『kintone FAX業務効率化ソリューション for リコー』の発売により、国内中小企業の多くのお客様で発生しているFAXでの受注や問い合わせ業務での課題が解決され、業務の生産性向上により競争力が強化されることを期待しています。
今後リコージャパンは、サイボウズ株式会社との連携をより一層強化し、お客様のワークスタイル変革を支援するご提案を強化してまいります。中小企業のお客様に対して、リコーの複合機とkintoneとの連携を含めたSIサービスをご提供するなど、積極的に展開を推進してまいります。

リコージャパン株式会社
MFP・プリンター事業センター
センター長 宮本 裕嗣

■「kintone」とは https://kintone.cybozu.com/
「kintone」は、用途にあわせてwebデータベース型の業務アプリを構築できるサービスです。営業の案件管理、お客様からの問い合せ履歴やクレーム対応の管理、プロジェクトの進捗やタスク管理、従業員の業務日報などをwebアプリケーション化により効率化します。アプリケーションはノンプログラミングで誰でも簡単に構築できます。1ユーザー当たり月額880円(税抜き)でご利用いただけます。

■サービスについてのお問い合わせ先
サイボウズ株式会社 ビジネスマーケティング本部:毛海(けうみ)
MAIL: kintone-sol@cybozu.co.jp

■報道関係者様からのお問い合わせ先
サイボウズ株式会社 ソーシャルコミュニケーション部:椋田(むくた)
〒112-0004 東京都文京区後楽 1-4-14 後楽森ビル12階
TEL: 03-6316-1160 / FAX: 03-5805-9036 / MAIL: pr@cybozu.co.jp 

※記載された商品名、各製品名は各社の登録商標または商標です。また、当社製品には他社の著作物が含まれていることがあります。個別の商標・著作物に関する注記については、こちらをご参照下さい。 http://cybozu.co.jp/company/copyright/other_companies_trademark.html 
Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Reader(R)が必要です。
左のアイコンをクリックして、ダウンロードいただけます。